「春星」とは『草枕』の第11章の冒頭「山里の朧に乗じてそぞろ歩く。観海寺の石段を登りながら仰数(あおぎかぞう)春星(しゅんせい)一二三と云う句を得た」から名づけられています。
この句を得て、「石磴を登りつくしたる時、朧にひかる春の海が帯のごとくに見えた」という、みかん園から有明海を見晴らすごとき場面です。
明治30年の大晦日。当時五高教授夏目金之助は同僚山川信次郎と小天温泉を訪れ、前田家別邸に逗留。正月の数日を「温泉や水滑らかに去年の垢」とのんびり過ごし、明治39年、この体験を素に「草枕」を発表しています。
現在唯一のコンテンツは倶楽部の会報「春星」のバックナンバーです。
★講演等のビデオ録画のリンクにマークを貼りました。
※タイトルや一部の記事内にリンクを張っています。
※一部の動画はDVD版(アナログ画質)となっています。
18号 (2021年-12頁・創設15周年記念号) 》   19号 (2022年-6頁)  《 20号 》  
「春星」バックナンバー (2007年5月=1号〜最新刊2020年4月=17号)
17号 2020.4 6頁
16号 2019.4 8頁
15号 2018.4 8頁
14号 2017.4 8頁
13号 2016.4  6頁
12号  2015.4
11号 2014.4 6頁
10号  2013.4
9号  2012.4
8号  2011.4
7号  2010.4
6号 2009.10
5号  2009.4
4号 2008.10
3号  2008.4
2号  2007.9
1号 2007.5
草枕ファン倶楽部へのお誘い


 
制作草枕ファン倶楽部事務局

お問合せ先草枕交流館
TEL 0968-82-4511 , FAX 82-4512